和魂(わこん:一霊四魂)を元に魂の特徴を紐解きます。

一霊(直日)

一霊(いちれい)
 省みる性格です。良心であり、自らの心にやましい事をしないことが大切です。
 直日とも直霊、直毘とも書きます。なおひ、なおび、なほひと読みます。

 生きている限り、いろいろなことが起こります。自ら起こすこともありますが、起きることもあります。それをすべて自らのためになると考え、考え、省みると言うことが大切です。

省みる方法はいくつかあります。省みる解釈はいろいろとあります。以下は一例です。
・畏(おそ)れることで相手に敬意を払います。
・恥じることで責めなくなります。
・悔い(くい)る、悔むことで自らの反省を促します。
・覚りから、相手の良いところに気づきます。

 一霊四魂の中で一霊は中心に位置付き、四魂を司る(コントロールする)と考えられています。

 和魂カードでは、神直日、大直日の2つと畏、恥、悔、覚の4つを採用しています。
直霊(神直日、大直日、恥、悔、畏、覚)

和魂についてのご質問にお応えいたします TEL 076-292-0443 10時~18時

PAGETOP
Copyright © 和のカウンセラー協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.