和魂(わこん:一霊四魂)を元に魂の特徴を紐解きます。
ブログ

日本の神様

日本の神様の関係をひも解いてみます。

天地開闢の神々

 天地開闢(てんちかいびゃく)とは天地に代表される世界が初めて生まれたときのことを示す。  ここでは日本の神様に限定して記す。  世界の最初に、高天原に相次いで三柱の神(造化の三神)が生まれた。  天之御中主神(あめのみ …

天之常立神

 天之常立神(あめのとこたちのかみ)は、日本神話に登場する神。  天地開闢の際、別天津神五柱の最後に現れた神である。独神であり、現れてすぐに身を隠した。『日本書紀』本文には現れず、『古事記』および『日本書紀』の一書にのみ …

国之常立神

 日本神話に登場する神。  『古事記』では国之常立神、『日本書紀』では国常立尊と表記されている。別名、国底立尊(くにのそこたちのみこと)。神名の「クニノトコタチ」は、日本の国土の床(とこ、土台、大地)の出現を表すとする説 …

日月神示

 日月神示(ひつきしんじ、ひつくしんじ)は、神典研究家で画家でもあった岡本天明に「国常立尊」(別名、国之常立神)と呼ばれている高級神霊より自動書記によって降ろされたとされる神示。  

神産巣日神

 カミムスビ(カミムスヒ、カムムスビ)は、日本神話の神。  『古事記』では神産巣日神、『日本書紀』では神皇産霊尊、『出雲国風土記』では神魂命と書かれる。  天地開闢の時、天御中主神・高皇産霊神の次に高天原に出現し、造化の …

高御産巣日神

 高御産巣日神は、タカミムスビと読む。  『古事記』では高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、『日本書紀』では高皇産霊尊と書かれる。また葦原中津国平定・天孫降臨の際には高木神(たかぎのかみ)という名で登場。また、『延喜式』 …

日本の神

 日本神話および神道の神や民俗信仰の神、その他の日本の宗教の神および日本に土着した外国の神。  ここに全てを書くことは無理なので、日本の神の一覧をご覧ください。

天之御中主神

 神名は、天(高天原)の中央に座する主宰神という意味である。宇宙の根源の神であり、宇宙そのものであるともされる。  天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)は、日本神話の神。天地開闢に関わった五柱の別天津神(ことあまつかみ …

神道と古神道

神道と古神道を明確に区別をしてみたい。 私の捉え方としては、神道は仏教などの外来宗教が入ってきた以後の考えを含む教えであり、古神道は外来宗教以前の考えを含まない教えです。 まだ、勉強中のため、違う場合は教えてください。 …

荒御霊を祭ってある神社

 荒御霊を祭ってある神社をまとめていきます。格式の高い神社には必ず本宮とは違う場所にあります。  和のカウンセラー協会では、荒御霊を現れる神様として最初(和御霊を祭る本殿より先にです)にご挨拶することをお勧めしています。 …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 和のカウンセラー協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.