和魂(わこん:一霊四魂)を元に魂の特徴を紐解きます。
ブログ

数霊

数霊の観点から言葉をひも解いてみます。

数霊【9】

「九」「凝」などがある。 大本では、「ここの」と読ませて「凝」と書いたりする。  ⇒王仁三郎のオリジナルの祝詞である感謝祈願詞(みやびのことば)の「感謝」の始まりが、その参考になります。 --以下、その部分の引用です-- …

数霊【8】

「八」「弥」などがある。 大本では、「や」と読ませて「弥」と書いたりする。  ⇒王仁三郎のオリジナルの祝詞である感謝祈願詞(みやびのことば)の「感謝」の始まりが、その参考になります。 --以下、その部分の引用です-- 至 …

数霊【7】

「七」「地成」などがある。 大本では、「なな」と読ませて「地成」と書いたりする。  ⇒王仁三郎のオリジナルの祝詞である感謝祈願詞(みやびのことば)の「感謝」の始まりが、その参考になります。 --以下、その部分の引用です- …

数霊【6】

「六」「燃」などがある。 大本では、「むゆ」と読ませて「燃」と書いたりする。  ⇒王仁三郎のオリジナルの祝詞である感謝祈願詞(みやびのことば)の「感謝」の始まりが、その参考になります。 --以下、その部分の引用です-- …

数霊【5】

「五」「出」などがある。 大本では、「いつ」と読ませて「出」と書いたりする。  ⇒王仁三郎のオリジナルの祝詞である感謝祈願詞(みやびのことば)の「感謝」の始まりが、その参考になります。 --以下、その部分の引用です-- …

数霊【4】

「四」「世」などがある。 大本では、「よ」と読ませて「世」と書いたりする。  ⇒王仁三郎のオリジナルの祝詞である感謝祈願詞(みやびのことば)の「感謝」の始まりが、その参考になります。 --以下、その部分の引用です-- 至 …

数霊【3】

「三」「参」などがある。 大本では、「ミ」と読ませて「三元」と書いたりする。  ⇒王仁三郎のオリジナルの祝詞である感謝祈願詞(みやびのことば)の「感謝」の始まりが、その参考になります。 --以下、その部分の引用です-- …

数霊【2】

「二」「弐」などがある。 「フタ」とも読む。大本では、「八力」と書いて「フタ」と読ませたりする。  ⇒王仁三郎のオリジナルの祝詞である感謝祈願詞(みやびのことば)の「感謝」の始まりが、その参考になります。 --以下、その …

数霊【1】

始まりの「一」。「壱」「位置」「弌」などがある。 「ヒト」とも読む。大本では、「一霊四魂」と書いて「ヒト」と読ませたりする。  ⇒王仁三郎のオリジナルの祝詞である感謝祈願詞(みやびのことば)の「感謝」の始まりが、その参考 …

数霊【0】

「レイ」と読んで漢字にすると「零」「霊」「令」「礼」・・・などがあります。 「ゼロ」と読んで漢字にすると「零」。 数霊【1】に対して、無としての0。

« 1 2
PAGETOP
Copyright © 和のカウンセラー協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.